名探偵明智小五郎シリーズ 怪人四十面相

kaijin_titletop

作品紹介

 江戸川乱歩の明智小五郎シリーズを原作に、名探偵・明智と、怪人四十面相の戦いを描く。舞台を現代に置き換え、探偵ものというより、スパイもののテイストが色濃い独自の明智像となった。
 ロンドン警視庁の要請を受けて犯罪結社ブラックマスク団を壊滅させた明智は、久しぶりに日本に帰国。医療用に開発された原子エネルギー光線を兵器に転用しようと狙う国際秘密結社ドラゴンの首領・黄金仮面と対決することになる。少年探偵団や東刑事の協力を得て、明智は、特殊装備を備えた車を走らせ、陸へ、海へ、空へ、敵のアジトへと、激しいアクションとともに事件の核心に迫っていく。
 明智に敵対するのは、「黄金仮面」「天空魔人」「透明怪人」といった、悪の怪人然とした正体不明の男たちであり、その裏には必ず怪人四十面相の存在がある。
 主演は、その後『キャプテンウルトラ』でヒーローを演じる中田博久。四十面相は、『隠密剣士』の悪役や『豹の眼』の悪のジャガーなどでおなじみの天津敏。ジャズを基調としたBGMや、派手なカーアクション、スマートかつ超人的な明智像など、スタイリッシュな演出が際立ち、当時大人気だった映画『007』シリーズの影響を感じさせる。
(C)宣弘社

kaijin_0

放映データ

放送期間 1966年4月3日~1966年6月26日
制作局 日本テレビ系列
話 数 全13話/モノクロ30分
放送時間 日曜 19:30~20:00

kaijin_1kaijin_3

PAGETOP
Copyright © 宣弘社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.