ガッツジュン

guts_titletop

作品紹介

 原作・神保史郎、作画・小畑しゅんじのマンガを実写化。アニメ『巨人の星』、実写ドラマ『サインはV』などによるスポ根(スポーツ根性)ブームが巻き起こった後、やはりスポ根ドラマとして大ヒットを記録した『柔道一直線』の後番組として放映された。
 幼い頃に母を亡くし、祖母と姉に育てられた沢村純は、行方不明の父を探すため、高校野球で甲子園に出場し有名になろうと考えた。野球の名門・名雄高校に入学した純は、野球部の厳しい入部テストに合格、投手として活躍していく。だが、都予選の決勝戦で出会った霧が丘高校のスラッガー・二階堂竜が、純の父親の写真を肌身離さず持っていることを知る。かつてプロ野球選手を目指していた父は、有望な新人に目をかけて育てていたのだ……。
 物語前半では、前作『柔道一直線』に出演していた桜木健一、近藤正臣がゲスト出演したほか、前作の路線を継承して、荒唐無稽と思われる必殺技や特訓シーンをふんだんに盛り込んだ。球が2段階に曲がる2段スナップ投法、Z型に曲がるZシュート、七色に輝くレインボーボールなど、魔球の描写は、さまざまな特撮技術を使って表現された。ただし物語後半においては、正統派の熱血根性ドラマとして、仲間や家族との関係性を中心に描いていく。
(C)宣弘社

guts_0

放映データ

放送期間 1971年4月11日~1971年11月21日
制作局 TBS系列
話 数 全33話/カラー30分
放送時間 日曜 19:00~19:30

出演者

沢村 純 藤間文彦
村丘美代子 桜井マリ
沢村映子 丘みつ子
沢村房江 小夜福子
平賀部長 嵯川哲朗
萩原監督 秋元洋介
石井 敏 垂水五郎
西田スカウト 梶 健司
東山 勲 広元 烈
大野卓也 日吉としやす
川越守人 小野進也
飛騨 明 葵 哲也
大平勝男 佐藤好将
野田 修 山尾範彦
北里 清 山下則夫
進藤 茂 篠田三郎
豪田鉄二 保高正伸

guts_1guts_3

スタッフ

企画 小林利雄、橋本洋二(TBS)
原作 神保史郎、小畑しゅんじ
撮影 杉田安久利
照明 榑松良司
美術 阿部三郎
音楽 日暮雅信
編集 小出良助
助監督 菊池昭康、福原 博
脚本 伊上 勝
監督 船床定男
用具提供 美津濃
主題歌 「ガッツジュン」
作詞 伊上 勝
作曲 鈴木邦彦
藤間文彦
PAGETOP
Copyright © 宣弘社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.